カテゴリ:「まちかど」表紙( 6 )
まちかど表紙解説6
e0192118_0251469.jpg

                ーー vol.36 について ーー


『まちかど』最新号!です!!
発行されたばかりです! 

 ( “ お知らせ ” が やっと追いつきました。
  今までは「まちかど」、“ 過去ワーク ”として紹介してきましたが、
  やっとリアルタイムでご紹介です。f(^^;) )

  今、市内公共施設などに置かれていると思います。
  皆さん、是非ゲッツ!して下さいね ♪
  今回の表紙も力作ですょ☆




 三保半島 特集 

三保は「天女の羽衣」伝説、三保の松原が有名ですよね。

今回は 私にとっても すごく身近な地域です。

三保にある高校に通っていたし、親戚が住んでいて
小さい頃は おじいちゃん・おばあちゃん に会いに良く行った場所。
子供の頃〜青春時代? と、心に残る風景です。


自然史博物館や海洋科学博物館、
海水浴場...景色もいいし、楽しめる所がいっぱい ♪

独特な地形も三保らしさの重要なポイント

wiki/三保の松原

恐竜の博物館(自然史博物館)

海の博物館(海洋科学博物館)


 さて、


  ーー 表紙解説 ーー

面する駿河湾は水深2500m、日本一深い湾なんですって。
故に深海生物が発見される事も多いそうです。

e0192118_028182.jpg

                  未知のお魚に出会いたい...


過去ログより ( 駿河湾は生き物の宝庫!)
清水の魚市場にて




                  がおぉぉ~~~
e0192118_0283861.jpg





               恐竜の博物館がありますよ~~
e0192118_029482.jpg


               真上から見ないで下さい。
e0192118_0293488.jpg

            ちょっと マヌケ...なので...   (by 恐竜)



           あら、弥次・喜多さん、 またお会いしましたね。
e0192118_0301964.jpg


                芭蕉さん...
e0192118_0304725.jpg

         旅は続いているのです...  気を付けて~~~~ (^ ^)/~~~



三保を歩く弥次&喜多さん (過去ログより)
http://sango.exblog.jp/11976215



※ 今回のシーンでは弥次・喜多さん、自転車に乗ってます。

  以前 三保には旧国鉄清水港線が走っていました。
  廃線になり、現在 列車が走っていたルートは
  歩行者道・サイクリングコースになっています。

  私が子供の頃はまだ貨物列車が走っていたよー






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

静岡文化情報「街かど」第36号 平成22年7月発行
(財)静岡市文化振興財団

関連過去記事
レア フリーペーパー
まちかど表紙解説1
まちかど表紙解説2
まちかど表紙解説3
まちかど表紙解説4
まちかど表紙解説5

More
[PR]
by atelier35 | 2010-08-06 23:58 | 「まちかど」表紙 | Comments(2)
まちかど表紙解説5

e0192118_2193714.jpg

                ーー vol.35 について ーー

             ( 記念すべき ( ? ) 35(さんご)号 ! )


テーマ 美和探訪

美和...美和... 美しい名前ですが、
美和ってどこですか~~?

と、私には馴染みのない土地の名前 ...

「まちかど」をめくってみると、
SANGOshopに作品を置いて下さっているアクセサリー作家さんち方だ!

静岡駅からみると北へ 安倍川沿いの地域なんですね。


更に読み進んでいくと、(この地域には)こんなに色んな所があるんだ~
と、感心。 色々載ってます。
「まちかど」、今回も内容濃いですね~~



  ーー 表紙解説 ーー

  とっても静岡らしい 茶畑のシーン


  登場人物にクロースアップ!


                   茶摘み娘達ががんばってます!
e0192118_23221990.jpg


 着物の柄、出ました! こだわりの “ 彫り込み柄入れ ”  ... (汗)
e0192118_2324395.jpg


         誰?       (コラ、コラ、 偉いお坊さんですよ!)
e0192118_23253195.jpg

              聖一国師(しょういちこくし)さんです。

手に持っているのはお茶の芽、
この地域、足久保に聖一国師が中国から持ち帰ったお茶の種がまかれた事が
静岡お茶の発祥となったそうです。

wikipedia 円爾

  うわぁ~ そーなんだー  知らない事いっぱいだなー
  ( 勉強になります。m(_ _)m )


                 ? あれ? 奥にいるのは ...
e0192118_23263387.jpg


     あら、 芭蕉さん、弥次、喜多さん!  こんな所も旅してるんですか?
e0192118_23285477.jpg



                 ( まちかど vol.34 )
e0192118_23301482.jpg

                    旅の途中 ...



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

静岡文化情報「街かど」第35号 平成22年3月発行
(財)静岡市文化振興財団

※ 文化振興財団のサイト↑でバックナンバーの内容もPDFで見る事が出来ます。
 街かど最新号の画像か刊行物の所をクリックして見て下さい。


関連過去記事
レア フリーペーパー
まちかど表紙解説1
まちかど表紙解説2
まちかど表紙解説3
まちかど表紙解説4
[PR]
by atelier35 | 2010-08-04 23:54 | 「まちかど」表紙 | Comments(4)
まちかど表紙解説4
e0192118_21542134.jpg

                ーー vol.34 について ーー


丸子・宇津ノ谷 特集

丸子は東海道の宿場町。
広重の「東海道五十三次」の中でも描かれてますし、
言わずと知れた...ですよね。

宇津ノ谷は難所として知られた峠を前に
旅人が心身を休める間(あい)の宿だったそうです。

旅人が行き交い、多くの文人達によって歌や句に詠まれ、
丸子・宇津ノ谷地区には歌碑や記念碑が点在しています。

「東海道五十三次」で描かれている丸子の丁子屋(老舗のとろろ汁屋さん)
の前にはとろろ汁に関する歌碑が2つあり、1つは松尾芭蕉の俳句、
もう1つは十返舎一九の狂歌(「東海道中膝栗毛」より)だそうです。

文化的な歴史の背景もあるんですね〜


そんな訳で表紙は馬に乗った松尾芭蕉と
東海道の旅人といえば 弥次さん、喜多さん。
一緒に難所越えでしょうか?





※ 再登場の “ 弥次・喜多さん ” ( 2010.1.17記事


 以後、私もお見知りおきを...
e0192118_21555953.jpg

                 松 尾 芭 蕉 でございます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

静岡文化情報「街かど」第34号 平成21年7月発行
(財)静岡市文化振興財団

関連過去記事
レア フリーペーパー
まちかど表紙解説1
まちかど表紙解説2
まちかど表紙解説3
[PR]
by atelier35 | 2010-07-14 22:14 | 「まちかど」表紙 | Comments(0)
まちかど表紙解説3
e0192118_2412690.jpg

               ーー vol.33 について ーー


由比特集

由比といえば桜エビ!
表紙は大漁旗をはためかせ、桜エビ漁の漁船が由比港へ帰って来るシーンです。
大漁旗は漁船が帰港する際、大漁だった時にあげる旗なんだそうです。
(港に知らせる為に...)
いち早く情報を届けたかったんでしょうね~。
だから派手?(なんでしょう。)
大漁を祈ってあげる旗だと思ってました。

「まちかど」お持ちの方は気付いていただけましたでしょうか?
漁船の名前は “ 珊瑚丸 ” ! (旗に名前が入っています)

 旗のデザインやはためく感じ、こだわりました。(=_=)


手前で “ 珊瑚丸 ” を出迎えている2人は広重さんと正雪さん、
(名前背負って わかりやすっ!)
後ろ姿ですが、ページをめくると お顔はいけ〜ん、できますよ。↓
e0192118_243431.jpg

何故この2人か、もちろん意味があります。
由比には「東海道広重美術館」があり、
広重の作品を中心に沢山の浮世絵版画が収蔵されています。

※ 広重人形は広重が描いた数少ない自画像を参考に姿をおこしています。


正雪さんは江戸初期に活躍した由比出身の軍学者で、
歌舞伎や講談の題材にもなった「慶安の変」は「由比正雪の乱」とも言われ、
今でも小説や舞台、漫画、アニメなどにも取り上げられるそうです。
〈「まちかど」より 〉

( ... そーですかぁ〜 知らんかった 。。。

         歴女ブームに反して歴史に うとい私・・・ 汗 )

※ 正雪も歌舞伎絵から雰囲気を読み取り、クレイアレンジ!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

静岡文化情報「街かど」第33号 平成21年3月発行
(財)静岡市文化振興財団

関連過去記事
レア フリーペーパー
まちかど表紙解説1
まちかど表紙解説2
[PR]
by atelier35 | 2010-07-07 02:57 | 「まちかど」表紙 | Comments(0)
まちかど表紙解説2
e0192118_20223961.jpg

                ーー vol.32について ーー


北街道特集
表紙は歌舞伎の「梶原平三誉石切(かじわらへいぞう ほまれの いしきり)」
(通称 石切梶原)という演目がモチーフです。

北街道は静岡から清水を結ぶ道で、静岡側からスタートするこの特集は
静岡市民文化会館の紹介から始まります。

    ※「静岡市民文化会館」今年1月に参加させていただいた展示会の会場です。
      本ブログ中以前の展示会案内→2010.1.9 Dish...Dish...Dish...
                    2010.1.22「Dish...Dish...Dish...」あと2日


その静岡市民文化会館で毎年夏に歌舞伎公演が開催されている事から
このテーマが選ばれました。

ちなみに北街道の北側に「梶原山」という山がありまして
この演目の主役である鎌倉時代の武将 梶原景時がこの地で最期を迎えた事から
その名前が付いたそうです。(「まちかど」より )


e0192118_20285679.jpg

舞台は鶴ヶ岡八幡宮
クライマックスの場面で梶原景時(別名 平三)が手水鉢を真っ二つ!に斬るシーンです。
両脇にいるのは名刀の持ち主である六郎打太夫とその娘の梢、
あまりの切れ味にビックリ!(◎o◎) している所です。


           水ごと スパッ っと!!  の瞬間
e0192118_2033994.jpg

           着物の柄もネンドでこだわりの“彫り込み柄入れ”


この“見せ場 ”までのいきさつがわかるとまた面白いと思います。
(こちらも歌舞伎が見れればベストですが)ストーリーが気になる方はこちら↓の
                   じゃわ's じゃんくしょん 歌舞伎文庫 演目詳解
                    など、わかりやすく紹介されています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

静岡文化情報「街かど」第32号 平成20年7月発行
(財)静岡市文化振興財団
[PR]
by atelier35 | 2010-06-19 22:01 | 「まちかど」表紙 | Comments(0)
まちかど表紙解説1
前の記事に続いて情報誌「まちかど」のお話

e0192118_2037196.jpg

                ーー vol.31について ーー


静岡市駿河区八幡地区がテーマのこの号の表紙は
八幡神社で毎年行われる「古式土俵子供土付」という特殊神事
をモチーフにしています。

「まちかど」の記事によると八幡神社は
~口伝が多くてはっきりしないが約1400年前(飛鳥時代)創建
 という文書があるほど歴史の深い神社~ という事で

上記、神事は赤ちゃんがまわしを付け、少年力士を投げ飛ばす!
というちょっと面白い行事。

実際には赤ちゃんは 抱っこされて
少年力士が「負けたぁ〜」ってひっくり返ってくれるんですけどね。(^_^;)

毎年8月15日に行われています。

市内でこの様な面白いお祭りがある事を知らなかったんですが
31号が発行された年(2年前)見に行ってみました。

( その日の様子はこちら → Atelier SANGO サイドログ「表紙の裏解説?」

子供相撲大会も開催されてがんばるチビッコ達がとてもかわいかったですよ。


         “まわし”を付けたベビーちゃん
e0192118_2039677.jpg


          手の平にしっくりの おすもうさん、
e0192118_20432379.jpg

                とても少年力士には見えませんが...


そして観客の皆さん、表紙では後ろ姿ですがページをめくるとその姿が明らかに!

e0192118_2057889.jpge0192118_20574384.jpge0192118_20575821.jpg













     僕たちです。 表紙のどこにいるかわかります?


※ vol.31はサンゴではじめて表紙をやらせていただいた号なので
 10ページに作家紹介でネンドユウジが載っています。


静岡文化情報「街かど」第31号 平成20年3月発行
(財)静岡市文化振興財団

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

静岡で文化、芸術の先生といったらこの方!平野雅彦先生 m(_ _)m
テレビでコメンテーターなどもやられているのでご存知の方も多いと思います。
平野先生のブログ↓にも「まちかど vol.31」の画像を紹介していただいた事がありました。
平野雅彦が提唱する情報意匠論「脳内探訪」より
※1年半前の事ですみません。
[PR]
by atelier35 | 2010-06-17 21:53 | 「まちかど」表紙 | Comments(0)



アトリエサンゴの創る日々
by atelier35
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
カテゴリ
全体
アトリエサンゴ展 2014
お知らせ info
art work
ご報告
シネフェス2011
「まちかど」表紙
伊達男十選 挿絵
過去work など
LIVE
プチメイキング
workshop
つぶやきねんど
Singapore
ごあいさつ
植物・自然
未分類
Link
以前の記事
2017年 06月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
ライフログ
検索
最新の記事
「4人のイラストレーター展」..
at 2017-06-18 06:13
無事放送されました!〜ずん..
at 2017-06-17 02:18
明日!?再放送!!「まるごと..
at 2017-06-15 04:52
「4人のイラストレーター展」参加
at 2017-06-07 04:22
静岡第一テレビ 「まるごと」..
at 2017-03-21 06:17
音戯の郷 スプリングフェア..
at 2017-03-17 03:37
☆ Happy New Y..
at 2017-01-02 17:01
出張ワークショップのお知らせ
at 2016-12-10 02:00
芸術の秋☆ワークショップ
at 2016-11-06 02:02
第54回 静岡夏まつり 夜店..
at 2016-08-14 14:40
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧